【ハイキングデート】冬の比叡山へ行ってきました。

Maoです!こんにちは。

彼が『自然を感じたい』というので、3連休の最終日に比叡山へ行ってきました。

比叡山延暦寺といえば、誰もが一度は名前を聞いたことのある有名な山。
しかし、名前は聞いたことあるけど…登ったことないし、そもそもどこにあるんだ?ということで調べてみました。

スポンサーリンク

アクセス

比叡山は京都と滋賀をまたぐ山です。
京都側の叡山ケーブルは、2018年は3月20日まで運休しているようなので滋賀側から向かいます。

  • JR(湖西線)比叡山坂本駅
  • 京阪 坂本駅

が最寄り駅とのこと。私たちは比叡山坂本駅を利用しました(大阪駅から約1時間ほどでした)。
そして、JR比叡山坂本駅から徒歩20分、京阪坂本駅から徒歩10分ぐらい(バスもあります)のところからケーブルカーで頂上付近までいけるそうです!

私たちもはじめはケーブルカーを利用するつもりだったのですが、お天気が良かったのと雪もなさそうだったので(見た感じ山が緑だった)、歩いて登ることにしました。
標高も約848mとそんなに高くないですしね!

スポンサーリンク

お昼ご飯

12時ごろ着の電車で行ったので、まずはお昼ご飯を食べに行きました。

「今から歩くし、ガッツリ食べたい!」という彼のリクエストで『炭火焼豚丼 信玄』で豚丼へ。
比叡山坂本駅から琵琶湖に向かって徒歩7分ぐらい?そんなに遠く感じませんでした。

炭火焼豚丼(醤油誰・ロース)セット

私はそんなにお腹空いていなかったので、小盛にしたのですがそれでも結構ボリュームが!
でもとっても美味しかったので、お腹空いてないと言いつつペロリと食べてしまいました(笑)

スポンサーリンク

いざ、登山!

まずは日吉大社を目指して歩きます。日吉大社までの道はどちらの駅からも直線です!

日吉大社の赤い鳥居までたどり着くと、その左にある大きな階段をのぼります。
(ケーブル坂本駅横からの登山口もあるそうなのですが、現在は通行止めでした。)

上まで行くと駐車場に出ますが、そのまま真っ直ぐ進みます。

そうすると左に山道、右に階段が現れます。どちらも合流地点は一緒とのこと!私たちは山道をチョイス☆
どちらが辛いかはわかりません(笑)

そして、ここからはひたすら道なりに進みます。
なかなか休憩するようなスペースもなく、めちゃくちゃ急ではないけど緩やかでもない山道。

登るにつれて徐々に増える雪に少し不安が募りました。
(前日に森で遭難し、襲われるというホラー映画を観たのが原因かも)

約2時間ほど登り続けて、なんとか無事に比叡山延暦寺の本堂・根本中堂へ到着。

が、しかし!

まさかの修繕中(笑)
外観は全て足場が組まれ、布に覆われておりました(笑)

さて、修繕中の根本中堂に心折れそうでしたが、せっかくなので頂上まで登ることに。

阿弥陀堂裏から向かうのですが、再び登山道に入ると先ほどまでとは比べものにならない雪!
まさか雪があると思ってなかった私たち。むしろ登山も到着してから決めたぐらいな私たち。

雪山の装備などは一切準備していなかったので、泣く泣く断念しました。

雪にはしゃぐ私(笑)

帰りはケーブルカーで♡

延暦寺から10分ほど歩いたところにケーブル延暦寺駅があります。

毎時0分と30分に発車し、ケーブル坂本駅までは約10分、大人片道860円でした。
日本で1番長いケーブルカーで人気らしく、発車時間ギリギリに行った私たちは座れず、他にもたくさんの人が立っていました。

景色もとってもきれいでした~!

まとめ

根本中堂と頂上は少し残念でしたが、比叡山の荘厳な雰囲気と静寂にとても癒されました。
普段運動しない方にはちょうどいい運動強度かもしれません。

ぜひ、彼氏さんや彼女さんと登ってみてはいかがでしょうか?

※冬のシーズンに山頂まで行くには、それなりの装備が必要です!
私たちのようにスニーカーで行くと、頂上まで登れない可能性がありますのでご注意ください。

最後に…

暑い!と言って雪山でコートを脱ぎ、Tシャツとパーカー1枚の彼で終わりたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました