【同棲経験者が語る!】同棲を始める前に考えておいた方がいいこと3つ

同棲カップルイメージ国際恋愛について

過去に2名の男性と同棲をし、その後1人とは結婚。もう1人とは破局への道を歩んだ筆者。

そんな同棲の成功と失敗、両方を経験した上で感じた『同棲前に考えておいた方がいいこと』をまとめてみました。

これから同棲を始める方、同棲をしたいと考えている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

「お泊り」と「暮らす」は別物

同棲生活イメージ

1つ目から、なに当たり前のことを言ってるのよ!

というお声が聞こえてきそうですが…

彼氏と言えど「他人」と暮らすということは、想像している以上に大変です。

一緒に暮らし始めると、1泊や2泊のお泊りでは見えなかった部分も見え、嬉しい発見はもちろん、残念な発見もあります。

生活のリズムの変化や家事の負担、自分自身の時間が取れないなど、実家暮らしや1人暮らしの時とは違う大変さが出てきます。

どうしても許せない相手の習慣や、我慢できないことがあるかもしれません。

同棲前は楽しいイメージが膨らみがちですが、期待が大きすぎると何かあった時、落胆も大きくなってしまいます。

楽しいことばかりではないことを、頭の片隅においておくのをおすすめします。

スポンサーリンク

情だけで一緒にいるのはしんどい

同棲カップルイメージ

付き合って間もないラブラブな時期は問題ないですが、長い期間付き合っていているカップルの場合、パートナーへの愛だけでなく情も生まれますよね。

愛があっての情ならば問題ありませんが、愛がなくての情で一緒にいる場合、一緒に住むことは本当にしんどいです。

週に1回や月に数回のデートではなく、毎日顔を合わせ、生活をともにします。

  • 本当にこの人と一緒にいて幸せなのか?
  • 将来を共に生きていきたい相手なのか?

自分自身に問いかけ、同棲を始める前に一度彼との関係を考えてみても良いかもしれません。

スポンサーリンク

同棲の目的を考える

同棲の話合い

ただ単に『もっと一緒に居たいから一緒に住む♡』という場合は、大丈夫です。

しかし、将来結婚したい!など明確な目的がある場合は、事前にしっかり話し合うことをおすすめします。

同棲前に結婚する時期などを明確にし、期限を決めて行わないとズルズルと結婚しないまま同棲を続けてしまうことも…

お金や結婚など、後々もめる可能性のある話題は一緒に暮らす前に話し合うことが大切です。

まとめ

少しネガティブな内容になってしまいましたが、私自身は結婚前に同棲をしたことはとても良かったと思っています。

結婚してからのギャップに悩まされることもないですし、一緒にいる時間も増えます。

破局の道を辿った元カレとは、結婚前の同棲の段階で決断できたことも本当に良かったです。

同棲の1番のメリットは、結婚する前に一緒に暮らした際の相性を知ることができることではないでしょうか?

正直なところ、結婚してから別れるのは大変ですが、同棲の段階ならまだ負担も少ないです。(それでも大変ですが…)

楽しいだけではない同棲ですが、楽しいことも辛いことも共有できる人が側にいるのは、とても嬉しいですよ。

この記事が、これから同棲を始める方の少しでもお役に立てれば嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました